迷走ブログ

ファウスト的衝動を抱き、迷走している、凡人による気まぐれブログです。

『友情』の感想。

 

 

 

武者小路実篤の『友情』を読みました。

青春小説なので、学生のうちに読んでおこうと思いこの本を手にしました。

高校生の頃に1度読んだのですが、もう一度読み直そうと思い棚から引っ張り出しました。

 

・評価

読みやすいです。

主人公野島と親友大宮と友人の妹の杉子という3人の友情や恋愛を描いた作品です。

 

・感想的なもの

ナボコフは「小説の読み方で最悪なのは、小説の人物を実在の人物であるかのように心得て、彼らと付き合う、そういう子供じみた幼稚な読み方である」と述べています。しかし、僕は、この本の人物に関して、ナボコフの注意する読み方で捉えてしまいました。(主題、登場人物の役割、象徴性などを読み取るための読書は、すぐには身に着かないです。苦笑)

 

それを踏まえたうえで、本の感想を単刀直入に言います。

主人公野島の杉子への想いが一方的で自己中心的で未熟に感じました(笑)。

 

人は社会的な存在であり、様々な状況や場面や立場でペルソナを使い分けていると思います。しかし、主人公野島は、終始、杉子に対して一つの理想的な女性としか見なしていないです。つまり、杉子は美しく、聡明であるという側面しか捉えていません。それに加えて、杉子から愛してもらえるかどうかという不安が希薄であり、どこまでいっても野島は独りよがりな妄想しかしていないです(笑)。

 

この本の主題である「友情」は、主人公野島の「幼稚さ」と親友大宮の「大人らしさ」というある意味で、大宮にとっての人格的に社会的に優位性を引き出す結果として、成り立っていると思います。

 

例えば、野島は杉子にアプローチすることを大宮の相談ありきでアプローチの方針を決めようとします。あるいは、大宮を通して、杉子に近づこうとしています。つまり、野島と杉子の間には、必ず大宮がいます。

つまり、大宮のほうが立場的に杉子に近づける優位な位置にいるわけです。また、野島は「相談する側」で大宮は「相談される側」であり、ここでも大宮の心理的優位性が存在します。

そして、野島は劇の脚本を酷評されており、作家としての大宮は評価されているので、大宮は社会的に優位なわけです。

 

 

今にして思えば、野島の結末は、バットエンド直行しそうな雰囲気が初めからあったわけです(笑)。

 

この本の教訓として、僕は、友情も恋愛も一方的な関係には気を付けようと思いました(笑)。

 

 

友情 (岩波文庫)

友情 (岩波文庫)