迷走ブログ

ファウスト的衝動を抱き、迷走している、凡人による気まぐれブログです。

【転職】ベンチャーから大手企業に転職したことを振り返る①

はじめに

f:id:yktmmrmtoosa03:20211231172423j:plain
現在、僕は紆余曲折ありベンチャーから大企業に転職して元気?に働いています。
今回は現在社会人歴3年目〜5年目くらいのベンチャー・中小に勤めており、大企業に転職することを考えている方々に向けて、僕が転職活動で経験したことをお伝えしていければと思います。

ベンチャーから大企業に転職する難易度について

f:id:yktmmrmtoosa03:20211231172854j:plain

結論:ハードルが高い場合もあるが、気にするほどではない

そこまでハードルが高いと感じませんでした。
身も蓋もないことなのですが、難易度について、人それぞれ感じ方が異なると思います。
ちなみに僕の場合はあっさりと内定を頂きました。具体的には、転職活動を開始してから1〜2ヶ月で数社から内定を頂くというほどにスムーズに進みました。

ネットではよく新卒ベンチャーから大企業(例えば業界トップレベルの企業等)へ転職するのは難しいというようなことが述べられています。
この記事をお読みになっている方には、新卒時に就活に失敗してしまっており、そこを気にしていらっしゃる方もいるかと思います。

当然、ベンチャーから大企業に転職することが、新卒でその大企業に入ることよりも難易度が高くなる場合もあります。
一方で、ある業界・職種であるが故に、ベンチャーから大企業に転職することが容易にできてしまうような場合も十分にあります。
そのため、少なくとも転職活動を始める前から悲観的になる必要はないと僕は考えます。

ポジティブに捉えることの重要性

むしろ転職活動をポジティブに捉えることをお勧めします。

転職活動を進めていく中で、〇〇という企業は新卒で入社する以上に中途採用へのスペックへの要求が高く、中途入社のハードルが高いんだな等、
面接やカジュアル面談を通してその会社の内部事情がわかる側面も多いため、初めから悲観的になる必要は全くないです。

そもそも、中途をほぼとらない会社は求人情報を一般に公開することも少なく、ヘッドハンティング等で採用が進むと聞きます。
一方で、一般にエージェント等に求人情報を公開なされている会社に応募する場合、その会社は中途採用を取ろうとする意思を持っています。
そのため、会社の求人情報のレベルに合致すれば、中途を取るというスタンスなのですから、入社の難易度を気にするのは時間の無駄ではないでしょうか。

転職活動を進めていく中で、他社の内部を知る機会を得ているんだというくらいのポジティブさがあった方が気が楽になると思いました。

転職活動は会社にバレないのか

f:id:yktmmrmtoosa03:20211231172909j:plain

結論:バレない可能性が高い

まず、バレる可能性はかなり低いです。
極端な話、自分から転職活動をしているような素振りを見せない限り、見つかる可能性はないです。
現在、ベンチャー・中小にお勤めになっている方ならば、実感していると思いますが、普段はかなり忙しいはずです。
そのため、他人の業務時間外の活動についてあれこれとリサーチするほど暇ではないはずです。

転職活動がバレル場合

次に、転職活動がバレてしまう可能性のある場合があります。
特に、仕事に対してのスタンスがかなり変化してしまったら、周囲にバレルと言えます。
例えば、会議での発言がなく、これまでと比べて寡黙になる場合や率先して業務に勤しむ姿が見えなくる等、明らかに異変がある場合は勘付かれます。
一方で、転職活動前と同じように普段から振る舞っていれば、勘づかれることはないです。

また、当然ですが複数のエージェントに登録したからといって、会社にバレルこともありませんのでご心配なされる必要もありません。
これは守秘義務があるのですから、エージェント経由で所属会社に自分の情報が伝わってしまうというような可能性も考えられません。

おわりに

まず、ベンチャー・中小から大企業へと転職することが困難であるという認識は一旦、頭の中から取り出しておくことをお勧めします。
次に、転職活動がバレてしまう可能性は、低いです。
以上のことは、あくまでも僕の経験から言えることですが、もしも転職活動に踏み出せていない方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければ幸いです。

今後、僕が利用した転職サイトや面接等の体験談も共有できればと思っています。