迷走ブログ

ファウスト的衝動を抱き、迷走している、凡人による気まぐれブログです。

【読書感想】『これが物理学だ!ーーマサチューセッツ工科大学「感動」講義』の感想

はじめに

最近、読書に時間を使っていなかったこともあり、何か読みやすい本を探しました。

 

そんな時に、見つけたのが『これが物理学だ!』でした。

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

 

評価

よい

物理学を学んでいない人にも分かりやすいように、現象について解説しています。

そもそも、数式がほとんど出てこないので、物理学に興味を持っている数式アレルギーの人におすすめします。

 

感想

まず、ウォルター・ルーウィンという教授は、講義の準備段階でかなり綿密にリハーサルするそうです。

 

授業に際しては、空っぽの教室で少なくとも三回は練習し、最後のリハーサルは当日の午前五時に行う。[ルーウィン、2011:p.16]

 

す、すごい……

一体全体、研究はいつ取り組んでいるのでしょうか。

 

 

各トピックについての感想は、端的に述べると、わかりやすい!の一言に尽きます。

 

例えば、レイリー散乱については、数式を使わずに解説しており、すごいなぁと思いました。

 

因みに、レイリー散乱とは、「光の波長が短いほど空気分子が多くの光を散乱する」ということを教えてくれます。

 

ただ、どんな数式なのだろう?と思う人にとっては、少し物足りないのかなとも思いました。

 

その場合は、ググるしかないですね(笑)。

 

例えば、このサイトはわかりやすいです。

理科年表オフィシャルサイト/FAQ/気象部:なぜ夕日は赤く、空は青いのですか? 参考:数式を使った説明

 

他のトピックに関しても、気になるトピックはその都度、ネット等で深掘りする必要があります。

 

厳密性(数式であらわす)という観点では、物足りませんが、わかりやすさという観点では、最高に物理学が楽しいことが伝わってきます。

 

 

おわりに

 

読み物として、副読本として、初学者向けとして、おすすめの本ですね。

 

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義