迷走ブログ

ファウスト的衝動を抱き、迷走している、凡人による気まぐれブログです。

【アイテム】ペーパーレス化!自炊におすすめの機器と使用した感想。

はじめに

昨今、ペーパーレス化が叫ばれています。

今回ははじめての自炊スキャナと裁断機でどれを買うべきか迷っている人がいるかもしれません。

そのような人たちに向けて、僕の使用している機器の紹介と感想を共有させていただきますので、参考にしていただければ幸いです。

こんな人にお勧め

  • 初めて自炊機器の購入を考えている人
  • ペーパーレスに取り組む方法知りたい人
  • scan snapの評判を知りたい人

使用した機器

自炊スキャナは「scan snap ix500」です。

裁断機は「プラス 裁断機 かんたん替刃交換 PK-513LN 裁断幅A4タテ 26-309」です。

 

「scan snap ix500」の使用した感想

「scan snap ix500」について、買って損はないと思いました。ネット上で評価が高いことに納得できます。

 

全体的にコスパが良い

読み取りの速さは問題ありませんし、コンパクトで置く場所に困らない点は、非常に評価できます。

そのため、ご予算の都合上、最新版を購入できない場合であっても、納得はできると言えそうです。

従って、全体的にコスパが良く、お勧めできます。

 

唯一の欠点

ただしもしも予算があれば、最新の「scan snap ix1600」を選ぶことをお勧めします。

理由としては、カラーの本を読み取っていくうちに「scan snap ix500」に縦筋・縦線が出て来る時があるからです。最初は、読み取り部分に付着したクズや汚れのせいかなと考え、読み取り部分を拭くことで対応しました。しかし、やはり縦筋・縦線が出てしまい、ちょっと原因がわからず面倒くさいです。

 

そのような欠点があるため、もしも予算があれば最新の「scan snap ix1600」を選ぶことをお勧めします。

きっと、そのような縦線のような改善されているでしょうから……。

裁断機を使用した感想

裁断機は「プラス 裁断機 かんたん替刃交換 PK-513LN 裁断幅A4タテ 26-309」を買いました。

理由は、LEDが付いているので、初めてで、本を裁断することに慣れていない自分でも上手く裁断できるのではないかと思ったからです。

 

買って損はしない

はじめ慣れていなかったので、きれいに切れなかったです。

しかし、徐々に慣れてきたため、ページがくっついたままになることもなく、スムーズにスキャナに取り組むこともできました。やはり、LEDがあるので、裁断面を確認しながら作業がらくにできました。

何度も繰り返していくうちに刃と本の距離感が掴めてくるのですが、裁断機の表面の補助によってよりスムーズに距離感が掴めるため使いやすいです。

 

唯一の欠点は重さ

かなり重いです。というか、置く場所に困ります。しかし、本棚を処分することでその場所に置くことはできるため、その点は問題ないかなと思います。

ただし、室内を移動させる場合や本を裁断する際に力を込めて使う点は多少慣れが必要だと感じますので、その点は欠点といいほどではないですが、多少考慮する点であるかなと感じました。

おわりに

「scan snap ix500」、「プラス 裁断機 かんたん替刃交換 PK-513LN 裁断幅A4タテ 26-309」も買って良かったです。

自炊初心者におすすめだと思います。

 

 OCRについては、付属品を使っているので、いずれ買い替えます。

とりあえず、iPadで勉強できる環境が整ったので勉強頑張ります。