迷走ブログ

ファウスト的衝動を抱き、迷走している、凡人による気まぐれブログです。

『君は月夜に光り輝く』の感想。

 

 

 ひさびさにジュンク堂に行きまして、そこで見つけました。

君は月夜に光り輝く』という作品です。

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

僕は、お涙ちょうだい的な作品を好まないのですが、絵が何となく気になってしまいました。衝動買いです。

 

・評価

普通です。

展開の予想しやすい作品でありますが、全体的に美しい作品だと思いました。

 

・感想的なもの

読み終えてから、気が付きました。メディアワークス文庫は、ライトノベルの出版社なのですね。そういえば、ライトノベルを最後に読んだのは、いつだったのか思い出せないほど遠い過去、彼方の出来事だったように思います。

 

内容については、美しい作品だなと思いました。

僕が読み取ったキーワードは、「スノードーム」、「中原中也の春日狂想」ですかね。

それらを用いて、「スノードーム」の破壊と修復=ヒロインとの関係性の変化、心情の変化、「中原中也の春日狂想」=主人公の姉の死、ヒロインの死期の象徴という関係性があるのではないでしょうか。

 

個人的に、難病を扱う作品は、暗い印象が残ることが多いと思います。

しかし、この作品は、雪の舞うスノードーム、夜空に輝く星を見る天体観測、蛍のように輝く発光病などの描写によって、美しさが印象に残りました。

 

ヒロインのやりたいことが、最後に主人公のやるべきことにシフトチェンジしていました。

  やることリスト
 
1 遊園地
携帯電話販売予約の深夜行列
病院一階の売店
父に会いに行く
2 茶店バイト
亀のペット購入
バンジー
クラブ
火を噴く
近所の柿木から柿を盗む
大食いメニューの制覇
美容室で雑誌表紙と同じ髪型にする
バッティングセンターでホームラン
ナンパされる
カラオケで声がかれるまで熱唱
ケーキ作り
天体観測
3 ジュリエット役
好きな作家のお墓参り
たばこを吸う
タクシーで海まで行く
キス
4 ICレコーダーを聞く
葬式に参加
友達を作る
新しい彼女を作る
結婚をする
幸せになる、する

 

象徴性
亀の水槽(=水槽から出られない) 病室のヒロイン(=病室から出られない)
星の寿命 人の死
岡田 香山
赤いハイヒール 赤いマフラー
姉の死の時期